2月に入って


あたり一面雪の世界、2〜3日前から雪が舞っていた、平地でも30センチの降雪予報であったが、2月1日朝、積雪5〜6センチ、路面には雪がなく交通手段には支障はなそうである。
さて、1月は曇天が多く北風が吹き抜け、趣味のDIYもままならず、專ら家の中、ガスストーブにお世話になっていた、請求書を見てびっくり、24000円。
背に腹は変えられず、決意、極力、スポーツクラブに行き暖をとることにした。
先ず、ストレッチ、筋トレ、ダンベルを持ってステップ台の上り降りする「ボティコン」(週一)、昨日(30日)は初めて初級エアロに挑戦してみた。
テンポが早く、動作に就いてゆけなかった、歳のせいか反応が遅い、歳を超えた運動神経を醸し出せるのか、先行き不透明である。
上記のようなことで、2月からは週一から週3に運動する日を増やそうかと思案しているところである。
さて、話は替り、転居して4年目、今年度も後2ヶ月、輪番の自治会の班長役も終わる。
振り返ってみれば、自治会長以下12名の月一の班長会、ここでの顔つなぎができて、地域住民としての自覚が芽生えたような気がする。
すぐ近くに、一戸建てに2世帯が入居した、過日、班長として、自治会への入会案内にお尋ねしたところ、2世帯とも小学校に上がる前のお子さんがおられ、新年度から自治会に入られるご様子である。
老人世帯が増え、過疎化が進み、閉塞感が払拭し得ない作今、子供達が庭でキャキャと遊ぶ姿は未来への脈動を感じる。

写真1:雪の庭
写真2:松選定(厳寒にて中断)
写真3:野菜・漬物小屋(厳寒にて中断)