岬先生
お祝句
掘割のやふな川辺に柳の芽
夕映えの桜の中を帰り来し
店先の大壺に活けこぶしかな
降り立ちし飛騨古川は春浅し
二〇〇三年五月
春暁に天の衣は山頂に
春風や図書館にて野草展
うぐいすは庭に弾けて鳴きにけり
桧扇もしゃくも納めて雛納め
若草の羊が丘へ風吹けり
二〇〇三年四月