こまくさ賛歌
急斜面ガレ場の崩壊知るも無し
 明日を図らず咲いている
草花の生えぬ悪場を厭わずに
 気高く孤高に咲いている 
幾星霜の風雪にも
 
夏には人の足元に
  
優しく愛しく温かく
 
花の女王は嶺稜に

雪の重みにじっと耐えていたのか
 
雪の防寒衣をまとい厳冬の吹雪から生ものを守っていたのか 
 
這い出て来たばかりの這い松の髪は寝癖がついている
 
 やがて太陽は直してくれるであろう

 
高山植物の女王 こまくさ
槍ケ岳表銀座登山道にて(2003/7/31)
1998/6/12
高山植物の女王 こまくさ
高山植物の雄 這い松

這い松 君

戻る

他の高山植物は省略致します(2010/08/29)